2014.10.14
親の子に対する傷害致死被告事件(最高裁HP)

事件番号

最高裁判所第一小法廷判決/平成26(あ)689

判決日付

平成26年7月24日

判示事項

傷害致死の事案につき,懲役10年の求刑を超えて懲役15年に処した第1審判決及びこれを是認した原判決が量刑不当として破棄された事例

裁判要旨

親による幼児に対する傷害致死の事案において,これまでの量刑の傾向から踏み出し,公益の代表者である検察官の懲役10年の求刑を大幅に超える懲役15年という量刑をすることにつき,具体的,説得的な根拠を示しているとはいい難い第1審判決及びその量刑を是認した原判決は,量刑不当により破棄を免れない。 (補足意見がある。)

全文

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/339/084339_hanrei.pdf.pdf

キーワード

裁判員裁判 刑事事件 量刑 量刑不当 求刑越え判決 傷害致死