2016.07.08
遺族補償給付等不支給処分取消請求事件(最高裁HP)

事件番号

最高裁 平成26(行ヒ)494

判決日付

平成28年7月8日

事案の概要

A社に勤務する労働者Bは,業務を一時中断して事業場外で行われた研修生の歓送迎会に途中から参加した後,当該業務を再開するため自動車を運転して事業場に戻る際に,研修生をその住居まで送る途中で発生した交通事故により死亡した。

Bの遺族が,上記交通事故におけるBの死亡は労働者災害補償保険法1条,12条の8第2項の業務上の事由による災害に当たるとして,遺族補償給付及び葬祭料の支給を請求したが,労働基準監督署長は,業務上の事由によるものにあたらないとして,不支給決定を行った。

裁判要旨

Bは,本件会社により,その事業活動に密接に関連するものである本件歓送迎会に参加しないわけにはいかない状況に置かれ,本件工場における自己の業務を一時中断してこれに途中参加することになり,本件歓送迎会の終了後に当該業務を再開するため本件車両を運転して本件工場に戻るに当たり,併せてE部長に代わり本件研修生らを本件アパートまで送っていた際に本件事故に遭ったものということができるから,本件歓送迎会が事業場外で開催され,アルコール飲料も供されたものであり,本件研修生らを本件アパートまで送ることがE部長らの明示的な指示を受けてされたものとはうかがわれないこと等を考慮しても,Bは,本件事故の際,なお本件会社の支配下にあったというべきである。また,本件事故によるBの死亡と上記の運転行為との間に相当因果関係の存在を肯定することができることも明らかである。
 以上によれば,本件事故によるBの死亡は,労働者災害補償保険法1条,12条の8第2項,労働基準法79条,80条所定の業務上の事由による災害に当たるというべきである。

参照

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/000/086000_hanrei.pdf

キーワード

労働者災害補償保険法 労災 業務起因性 業務上の事由 事業主の支配下