2017.05.02
法定相続情報証明制度

平成29年5月29日(月)から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まります。
現在,相続手続では,お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口(法務局、銀行、税務署等)ごとに何度も提出する必要があります。
法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を作成して提出すると,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付してくれる制度です。
その後の各種窓口における相続手続では,法定相続情報一覧図の写しを戸除籍謄本等の束に代えて提出することができます。戸除籍謄本等を何度も取得したり提出したりする必要がなくなり,謄本等取得の手間や手数料を少なくすることができます。

詳しくは,以下の法務局ホームページもご覧ください。
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/index.html

申出を行うことができるのは,被相続人の相続人となります(相続人の地位を相続した者を含む)。また,代理人となることができるのは,法定相続人のほか,民法上の親族、弁護士などの資格者代理人となります。

当事務所は,法定相続情報証明成制度のほか,遺産分割,遺言書作成,遺留分減殺請求等,各種相続事件も取り扱っておりますので,お困りの方はお気軽にお問合せ下さい。