後見制度の利用場面

Q 後見制度は,どのような場合に利用されますか?

A 後見は,精神上の障害により判断能力が欠けており,それが常態である方について,たとえば自身の預貯金の管理が困難な場合や,老人介護施設等へ入所する契約を結ぶなどの法律行為をする場合に利用されます。