任意後見の利用場面

Q 任意後見制度は,どのような場合に利用されますか?

A 先ほどの法定後見制度は,本人の判断能力が欠けることが常態となったあとの制度です。任意後見制度であれば,誰を後見人に選ぶか,どういう事務を代理させるかについて,法令上認められる範囲内で予め本人が決めることができますので,本人の意思にしたがった適切な保護・支援をすることが可能になるというのが特徴です。