利息制限法に基づく引き直し計算

Q 残元金が圧縮されるとはどういうことですか。

A 利息制限法は,金利の上限を年15~20%と定めていますが,出資法では年29.2%を超えて利息を付した場合は刑事罰が科せられることとなっています。この両者の間の利率が,利息制限法違反ではあるものの刑事罰が科せられることはないという,いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものです。貸金業者等は,このグレーゾーン金利の範囲でお金を貸していることが多いのです。
あなたの現在の借金も,このグレーゾーン金利の範囲で貸し付けられたものであれば,その残高は言わば見せかけ数字だという場合があり,実際に改めて利息制限法に定められたとおりの利率に引き直して計算し直すと,借金の残高が実際には低いということになるわけです。